リセッションに備えて?現金を?

米国のリセッション(景気後退)。
グーグル検索すると、長らく来るぞと言われつづけており、最近の米国の利上げ・保護貿易による株価下落を見ていると本当に来そうな気がしてきます。
リセッションに備えて現金を厚く保有すべき、と書いておられる方々も多いですね。
しかし、いつなのかは誰にも、もとい、私にはわかりません。しかも分かりやすいリセッションになるかも、その時にうまく買えるかもわかりません。
加えて、リセッション時に円高に振れるのか円安に振れるのかも。円高のような気もしつつ、円の相対評価だし不明。結果、リセッションに備えて現金を持っておくとしても、その現金とはドルがよいのか、円がよいのかも不明…。
うーん、次どうしましょ?

とりあえず、ETFの分配金だけで年2%、10年で20%は確保でき、40代前半という自分の属性を踏まえれば30年保有できるように思われます。
そうだとすると、高づかみしても問題ないはずで、結果として多少高いところであってもETF購入を進めればいいかな…と思います。リセッション時にも淡々と、給与から買える分だけ買えれば私はいいかな。
いいよね?

あかさたに

40代前半の共働き妻、夫と幼児2人と東京23区に済んでいます。 2017年投資開始、投資残高1000万円、年間新規投資金額は200~400万円といったところです。AFP保有。 海外ETF購入をメインに、少しずつ投資をした結果をまとめていきます。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする